カテゴリー
未分類

メイク落としがめんどくさい時に!クレンジングシートおすすめ人気ランキング11選|敏感肌用シートも!

「メイク落としがめんどくさい…」

「すぐにベッドで横になりたい!」

そんなときに便利なのがクレンジングシート。

疲れているときや忙しいときでも、ささっと拭き取るだけでメイクオフが完了するのが嬉しいですよね。

でもクレンジングシートは選び方や使い方を間違えると、お肌に負担がかかってしまうことも。

特に敏感肌の方や肌の弱い方は注意が必要です。

そこで今回はクレンジングシートのおすすめ人気ランキングをご紹介します!

クレンジングシートの選び方

自分に合うクレンジングシートはどのように見つけたらよいのでしょうか?

まずはクレンジングシートを選ぶときのポイントからご紹介します!

メイクの濃さに合わせてクレンジング剤の種類を選ぶ

クレンジングシートはシートに含まれているクレンジング剤によって大きく2種類に分けられます。

・オイルインタイプ

・リキッドタイプ

普段のメイクやナチュラルメイクの日はリキッドタイプでも十分にメイクを落とすことができます。

リキッドタイプはさっぱりとした使用感が特徴で、メイクオフ後のベタつきが気になる方におすすめです。

またマツエクをしている方はオイルの使用がNGなので、リキッドタイプを選ぶようにしましょう。

一方、オイルインタイプはリキッドファンデーションなど油分の多い濃いめのメイクも落とす高い洗浄力が特徴。

保湿効果の高い美容オイルが配合されているものもあり、しっとりした仕上がりが好きな方や乾燥が気になる方にもおすすめです。

使うシーンに合わせて内容量やサイズで選ぶ

クレンジングシートには40枚〜60枚程の大容量タイプのものと、10枚前後が入ったポケットタイプのものがあります。

基本的に大容量タイプの方が1枚あたりの価格が安くお得ですが、重くてかさばるのが難点。

そのため「夜のメイク落としには大容量タイプ」「持ち運びにはポケットタイプ」と使い分けるのがおすすめ。

ポケットタイプは旅行などにはもちろん、外出先でのメイク直しにも活躍します。

クレンジングシートで気になる箇所をさっと拭き取ってからメイク直しをすれば、メイクしたての仕上がりが蘇りますよ。

肌負担を抑えるために繊維の細かい素材のシートを選ぶ

クレンジングシートは便利ですが、肌への摩擦や負担が気になりますよね。

肌への負担をできるだけ抑えるには、クレンジングシートの素材選びも大切です。

コットン100%のものやマイクロファイバーが含まれているシートは肌への負担を軽減できておすすめ。

一方、薄いシートや繊維の荒いシートは肌へ刺激を与える場合があるため、注意が必要です。

今回のランキングではクレンジングシートの素材も紹介しているので、特に敏感肌の方はしっかりとチェックしておきましょう。

保湿ケアや美白ケアができるものも!

クレンジングシートのなかにはメイクオフだけではなく、保湿ケアや美白ケアができるものもあり、自分の肌悩みやその日の肌に合わせて選ぶことができます。

メイクを落としてすぐに寝たいときにも1枚でスキンケアができるのは嬉しいですよね。

ただし、クレンジングシートはあくまでメイクを落とす目的で作られていますので、メイクオフ後は化粧水やクリームなどでケアを行うことをおすすめします。

クレンジングシートのおすすめ人気ランキングBEST11

では早速クレンジングシートのおすすめ人気ランキングBEST11を発表します。

クレンジングには欠かせない洗浄力はもちろん、肌に優しい成分や素材を使っているか、またメイクオフ後の仕上がりに差が出る保湿力についても比較していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

第11位:サボリーノ さっぱり落とシート

462円 (税込)

カモミールオレンジの香りでリフレッシュ。使用後のつっぱりが残念

大きなシートでメイク落としだけでなく、全身のふき取りでお風呂までサボれる究極の時短アイテム。

カモミールオレンジの香りで気分もリフレッシュできるので、気分が沈んでいるときにもおすすめです。

ただし、クレンジングシートとしての洗浄力はいまいち。

ウォータープルーフマスカラや濃いメイクを落とすときはポイントメイクリムーバーが必要になるでしょう。

また「使用後に肌がつっぱる」という口コミも多く、保湿力の乏しさが気になるところ。

タイプオイルインタイプ 洗浄力2
素材メッシュ素材保湿力1
枚数7枚成分1
シートの大きさ30cm×30cm総合評価1

第10位:ダイソー メイク落としシート

108円(税込)

使用感・洗浄力ともに値段通り。メイク直し用におすすめ

アルコールフリー、無香料、そしてマツエクにも使えるコスパ最強のクレンジングシート。

とはいえ、洗浄力や使用感はお値段通り。

クレンジング液がシートにあまり染み込んでいないため、摩擦による肌への刺激に不安が残ります。

これだけでメイクオフを済ませるのは不十分といえそうです。

日々のメイクオフに使用するというよりも、メイク直し用として使うのがよいでしょう。

タイプリキッドタイプ 洗浄力2
素材レーヨン・ポリエステル保湿力3
枚数30枚
成分2
シートの大きさ20cm×15cm総合評価2

第9位:ズボラボ 夜用ふき取り乳液シート

699円(税込)

抜群の保湿力が魅力!ただしナチュラルメイク限定での使用がベスト

1枚でメイク落とし・洗顔・化粧水・乳液・美容液の5役を叶えるクレンジングシート。

保湿力が抜群で、使用後時間が経っても肌の乾燥が気になりません。

メイク落としからスキンケアまで全部サボりたい!というときにおすすめ。

ただしマスカラの落ちはあまりよくないため、濃いメイクのときはポイントメイクリムーバーを使用しましょう。

タイプオイルインタイプ 洗浄力2
素材記載なし保湿力5
枚数35枚成分1
シートの大きさ16.5cm×9.7cm総合評価2

第8位:専科 すっぴん磨きクレンジングシート

562円 (税込)

不要な角質や肌のごわつきまでケア。シートが薄く肌への摩擦が心配

ばっちりアイメイクや小鼻の黒ずみ、不要な角質まで絡めとる「すっぴん磨き成分」を配合したクレンジングシート。

メイクを落としながら肌のごわつきをケアしてくれます。

素材は肌に嬉しい天然コットン100%を使用しており保湿力もまずまずですが、シートが薄く肌への摩擦が気になるところ。

また「フローラルの香りが強すぎる」という口コミが多く、好みが別れる可能性も。

タイプリキッドタイプ 洗浄力2
素材天然コットン100%保湿力2
枚数44枚成分3
シートの大きさ記載なし総合評価2

第7位:美容液でクレンジング オールインワンコットンシート

389円(税込)

厚手のシートが◎優しい使い心地で敏感肌でも安心

1枚でクレンジング、洗顔、保湿、ソフトピーリングの4役を叶える多機能クレンジングシート。

厚手でしっかりとした大判シートが、濃いめのメイクも気持ちよく落としてくれます。

また、お肌に優しいコットン素材を採用。

美容成分をたっぷりと含んでいるため、肌に刺激が少なく敏感肌の方でも安心です。

タイプリキッドタイプ 洗浄力2
素材コットン素材保湿力3
枚数50枚成分2
シートの大きさ14cm×20cm総合評価3

第6位:ボタニカル フォース うるおいシートクレンジング

264円 (税込)

保湿力が高く使用感は高評価。洗浄力がいまひとつなのが惜しいポイント

ファンケルとセブン&アイ・ホールディングスが共同開発した化粧品「ボタニカルフォース」シリーズのクレンジングシート。

毛穴やメイクのしつこい汚れを落とす「メドウフォーム油」を配合しているのが特徴。

保湿力が高く、メイクオフ後も肌がつっぱりません。

とはいえ洗浄力は十分ではないため、ファンデーションを使っている方はW洗顔をおすすめします。

5枚入りのみの販売なので自宅用には不向きですが、コンビニで気軽に購入でき、急なお泊まりなどで活躍しそうな商品です。

タイプオイルインタイプ 洗浄力2
素材記載なし保湿力4
枚数5枚成分3
シートの大きさ記載なし総合評価3

第5位:江原堂 クレンジングシート

3,300円 (税込)

たっぷりのクレンジング液で優しくメイクオフ。ただし使用後の保湿は必須

100%オーガニックコットンを使用した、肌への刺激に配慮したクレンジングシート。

大きめのシートにはたっぷりとクレンジング液が含まれており、毛穴の奥のメイクまでしっかりと落としてくれます。

全体としては非常に使いやすくバランスのよい商品といえますが、使用後のつっぱりが気になるという声も。

メイクオフ後のスキンケアでは保湿を入念に行うとよいでしょう。

タイプリキッドタイプ 洗浄力4
素材100%オーガニックコットン保湿力3
枚数40枚成分2
シートの大きさ18.5cm×16.5cm総合評価3

第4位:カークランド フェイシャル クレンジングシート

1,478円(税込)

コスパ最強!凹凸のある分厚いシートでウォータープルーフのメイクもオフ

コストコのプライベートブランド「カークランド」のクレンジングシートは、大容量でコスパがよいのが特徴です。

シートは分厚く凹凸があり、肌にしっかりフィットしながらメイクを落としてくれます。

また、ウォータープルーフのメイクも落とせる高い洗浄力も魅力。

ただし「肌がヒリヒリした」「肌への刺激が気になる」という口コミもあるため、敏感肌の方や肌が弱い方は注意が必要です。

タイプリキッドタイプ 洗浄力4
素材記載なし保湿力4
枚数150枚成分2
シートの大きさ18.7cm×19.6cm総合評価3

第3位:ドクターシーラボ クレンジングシート

638円 (税込)

マイクロファイバー配合シートが優しくメイクオフ

肌触りがよいマイクロファイバー配合のシートを採用したクレンジングシート。

細かな繊維の柔らかいシートが優しくメイクを落としてくれます。

洗浄力も普段使いには十分でさっぱりとした使用感が人気ですが、メイクを拭き取る際にアルコールの匂いが気になるという声も。

全体としては洗浄力、保湿力が高く、優秀なクレンジングシートといえるでしょう。

タイプリキッドタイプ 洗浄力4
素材マイクロファイバー配合シート保湿力4
枚数46枚成分2
シートの大きさ記載なし総合評価4

第2位:ビオレ ふくだけコットン 

544円(税込)

文句なしの実力!マツエクにも使える大人気クレンジングシート

ビオレのロングセラー商品として知られるクレンジングシートの王道。

長く愛されるだけあって、洗浄力、使用感ともに文句なしの実力です。

リキッドファンデなどのしっかりめのメイクもスッキリ落とせるのに、オイルフリーなのも嬉しいポイント。

またコンパクトなボックス型で使いやすく、ベットサイドやリビングに置いておけばさっとメイクオフができて便利です。

フローラルの香りに癒されて、リラックスしながらメイク落としができるのも◎

タイプリキッドタイプ 洗浄力4
素材天然コットン100%保湿力4
枚数46枚成分2
シートの大きさ21cm×7.4cm総合評価4

第1位:マンダム ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート モイスト

355円 (税込)

コスパ・実力ともにナンバーワン!抜群の洗浄力と保湿力が魅力

クレンジング〜スキンケアまでを1枚で叶えるコスパ最強のクレンジングシート。

ウォータープルーフマスカラもスッキリ落とす抜群の洗浄力と、使用後も潤い肌が続く保湿力を兼ね備えた商品です。

他商品に比べても1枚あたりのお得感が高く、コスパがよいのも嬉しいポイント。

クレンジング液がひたひたに染み込んだ大判シートなので、1枚で顔全体のメイクをしっかりと落とすことができます。

携帯に便利な10枚入りもコンビニ限定で販売されているので、一度手にとってみてはいかがでしょうか。

タイプリキッドタイプ 洗浄力4
素材記載なし保湿力5
枚数46枚成分2
シートの大きさ15cm×20cm総合評価4

人気クレンジングシートの検証結果比較表

商品名タイプ素材枚数シートの大きさ洗浄力保湿力成分総合評価
サボリーノ さっぱり落とシート
オイルインタイプ
メッシュ素材
7枚

30×30cm
2111
ダイソー メイク落としシートリキッドタイプ
レーヨン・ポリエステル

30枚
20×15cm2322
ズボラボ 夜用ふき取り乳液シートオイルインタイプ
記載なし

35枚
16.5×9.7cm2512
専科 すっぴん磨きクレンジングシートリキッドタイプ天然コットン100%44枚記載なし2232
美容液でクレンジング オールインワンコットンシート
リキッドタイプ
コットン素材50枚14×20cm2323
ボタニカル フォース うるおいシートクレンジングオイルインタイプ
記載なし
5枚
記載なし
2433
江原堂 クレンジングシートリキッドタイプ100%オーガニックコットン40枚18.5×16.5cm4323
カークランド フェイシャル クレンジングシートリキッドタイプ
記載なし
150枚18.7×19.6cm4423
ドクターシーラボ クレンジングシートリキッドタイプマイクロファイバー配合シート46枚記載なし4424
ビオレ ふくだけコットン うるおいリッチ うるっとモイストリキッドタイプ
天然コットン100%
46枚21×7.4cm4424
マンダム ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート モイストリキッドタイプ記載なし46枚
15×20cm
4524

洗顔不要!おすすめクレンジングシートランキングTOP3

ここではメイクオフ後にW洗顔が不要な、おすすめクレンジングシートをご紹介します。

第3位:ふくだけコットン うるおいリッチ うるっとモイスト

597円 (税込)

人気ランキングでも上位に入っていた「ふくだけコットン」シリーズのクレンジングシート。

抜群の洗浄力で、メイク汚れから毛穴の汚れまでしっかり落とすことができます。

W洗顔をしなくてもヌルつきが気にならないのも嬉しいポイント。

ただしマツエクには使えない点と、使用後に肌が乾燥しやすいのが難点です。

タイプオイルタイプ 洗浄力5
素材天然コットン保湿力2
枚数44枚成分2
シートの大きさ21cm×7.4cm総合評価4

第2位:チャームゾーン Geスキンケアシート シトラス

1,296円 (税込)

韓国の化粧品会社「チャームゾーン」のクレンジングシートは、クレンジングをしながら同時にスキンケアを叶えてくれる優れもの。

保湿力が高く、使用後はしっとりとした肌に仕上がりますが、油膜感がないためW洗顔なしでOK。

メイクオフだけではなく、古い角質や肌のキメまでケアできる多機能なクレンジングシートです。

タイプリキッドタイプ 洗浄力4
素材メッシュ素材保湿力4
枚数60 枚成分1
シートの大きさ21cm×15cm総合評価4

第1位:マンダム ビフェスタ うる落ち水クレンジング ブライトアップ

457円(税込)

人気ランキングで1位に輝いた「ビフェスタ うる落ち水クレンジング」シリーズのなかでも、特に洗浄力が高いクレンジングシート。

保湿性洗浄成分がメイクはもちろん、毛穴の黒ずみや角栓もしっかりオフしてくれるので、W洗顔はいりません。

また使用後のベタつきがなく、さっぱりした使用感ながら保湿力も◎

持ち運びにも便利な蓋付き容器で、荷物を増やしたくない旅行のお供にもおすすめです。

タイプリキッドタイプ 洗浄力5
素材記載なし保湿力4
枚数46枚成分2
シートの大きさ15cm×20cm総合評価4

肌負担を抑える!クレンジングシートの使い方

クレンジングシートを使用する際に最も注意すべきなのが「こすらない」ということ。

いくら肌に優しい素材を使用したシートでも、ゴシゴシとこすってしまうと摩擦による色素沈着やしわ・たるみの原因になることも。

クレンジングシートでメイクオフをするときは決して力を入れず、肌の上を優しく滑らせるように使用しましょう。

また落ちにくいアイメイクやポイントメイクを落とすときは、シートをしばらく馴染ませ、メイクを十分に浮かせてから拭き取るとよいでしょう。

クレンジングシートを折り返しながら清潔な面を使ってメイクを落とすようにすると、肌に汚れが残らずスッキリとメイクオフできますよ。

毎日のクレンジングに使うのはNG

クレンジングはいかに肌に負担をかけずにメイクを落とすかが大切です。

クレンジングシートは便利なアイテムである一方、他のクレンジング剤に比べると洗浄力が強い成分が含まれているものが多く、肌の刺激になりやすい面も。

またどうしても手のひらを使って落とすクレンジングよりも肌への摩擦が大きくなってしまうため、肌負担を考えると毎日の使用はおすすめしません。

クレンジングシート は残業帰りや飲み会の後など、どうしてもメイクを落とす気力がない日限定で使うのがよいでしょう。

まとめ

今回は数ある商品のなかから、人気のクレンジングシートや洗顔不要のおすすめクレンジングシートをご紹介しました。

肌に負担をかけがちなクレンジングシートですが、シートの素材や成分、そして使い方に配慮すれば肌への負担を抑えながら楽にメイクを落とすことができます。

またメイクオフだけではなく、角質ケアや保湿ケアなどさまざまな機能を持ったクレンジングシートも人気を集めています。

この記事を参考にぜひ自分に合った商品を見つけてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です